TopPhoto

成約摂理特別修練会

▼ 意義、参加対象

この修練会は、基本的に日本指導者特別修練会に参加が困難※な方に対して企画されている非常に特別なものです。ですから、その意義については日本指導者特別修練会に準じます。

なお、参加に関しては、以下の3つの基準を 全て満たしている必要があります。

  • 原則として、勤労青年の方のみ参加
  • 7日間も仕事の休みを取れない方
  • 40日研修シリーズVIDEO受講(責任者主管のもと)された方、
    または、国内21修練会にすでに参加された方

したがって、出来る限り、「日本指導者特別修練会」に参加して下さるようお願い致します。


祝福二世の家庭出発前の修練会参加を推奨します。一世、信仰二世と同様、家庭を出発するに当たり、祝福二世においても理解すべき大切な内容が含まれた修練会です。これからの未来の中核として、天の伝統を相続し、二世圏の一体性を形成する上で必須の教育として修練会への参加をお勧めいたします。


▼ 年間日程

回数 日程 (4泊 5日) 備考
2017
New!
163 12/15 (金) 〜 12/19 (火) 中止
162 11/17 (金) 〜 11/21 (火) 中止
161 10/15 (日) 〜 10/19 (木) 中止
160 09/17 (日) 〜 09/21 (木)
159 08/11 (金) 〜 08/15 (火) ← 変更:旧 07/14 (金) 〜 07/18 (火)
158 06/14 (水) 〜 06/18 (日)
157 04/30 (日) 〜 05/04 (木)
156 04/09 (日) 〜 04/13 (木)
155 03/10 (金) 〜 03/14 (火)
154 02/10 (金) 〜 02/14 (火)
153 01/13 (金) 〜 01/17 (火)
2016 152 12/14 (水) 〜 12/18 (日)
151 11/11 (金) 〜 11/15 (火)
150 10/12 (水) 〜 10/16 (日)
149 09/05 (月) 〜 09/09 (金)
148 08/12 (金) 〜 08/16 (火)
147 07/13 (水) 〜 07/17 (日)
146 06/04 (土) 〜 06/08 (水)
145 04/30 (土) 〜 05/04 (水)
144 04/08 (金) 〜 04/12 (火)
143 03/11 (金) 〜 03/15 (火)
142 02/10 (水) 〜 02/14 (日)
141 01/13 (水) 〜 01/17 (日)
2015
140 12/16 (水) 〜 12/20 (日)
139 11/11 (水) 〜 11/15 (日)
138 10/14 (水) 〜 10/18 (日)
137 09/16 (水) 〜 09/20 (日)
136 08/14 (金) 〜 08/18 (火)
135 07/17 (金) 〜 07/21 (火)
134 * 06/17 (水) 〜 06/21 (日) ← 変更:旧 06/24(水)〜07/28(日)
133 05/02 (土) 〜 05/06 (水)
132 04/14 (火) 〜 04/18 (土)
131 03/11 (水) 〜 03/15 (日)
130 02/08 (日) 〜 02/12 (木)
129 01/14 (水) 〜 01/18 (日)
2014 128 12/17 (水) 〜 12/21 (日)
127 11/12 (水) 〜 11/16 (日)
126 10/15 (水) 〜 10/19 (日)
125 09/17 (水) 〜 09/21 (日)
124 08/15 (金) 〜 08/19 (火)
123 07/16 (水) 〜 07/20 (日)
122 06/15 (日) 〜 06/19 (木)
121 05/01 (木) 〜 05/05 (月)
120 04/16 (水) 〜 04/20 (日)
119 03/14 (金) 〜 03/18 (火)
118 * 02/16 (日) 〜 02/20 (木) ← 変更:旧 02/14(金)〜02/18(火)
117 01/15 (水) 〜 01/19 (日)
2013 116 12/13 (金) 〜 12/17 (火)
115 11/15 (金) 〜 11/19 (火)
114 10/20 (日) 〜 10/24 (木)
113 09/27 (金) 〜 10/01 (火)
112 08/15 (木) 〜 08/19 (月)
111 07/12 (金) 〜 07/16 (火)
110 06/14 (金) 〜 06/18 (火)
109 05/01 (水) 〜 05/05 (日)
108 04/14 (日) 〜 04/18 (木)
107 * 03/14 (木) 〜 03/18 (月) ← 変更:旧 03/15(金)〜03/19(火)
106 * 02/12 (火) 〜 02/16 (土) ← 変更:旧 02/18(月)〜02/22(金)
105 01/16 (水) 〜 01/20 (日)
2012 104 12/13 (木) 〜 12/17 (月)
103 11/15 (木) 〜 11/19 (月)
102 10/13 (土) 〜 10/17 (水)
101 09/13 (木) 〜 09/17 (月)
100 * 08/15 (水) 〜 08/19 (日) ← 変更:旧 08/10(金)〜08/14(火)
99 07/12 (木) 〜 07/16 (月)
98 06/14 (木) 〜 06/18 (月)
97 05/01 (火) 〜 05/05 (土)
96 04/14 (土) 〜 04/18 (水)
95 03/15 (木) 〜 03/19 (月)
94 02/15 (水) 〜 02/19 (日)
93 01/13 (金) 〜 01/17 (火)
2011 92 12/13 (火) 〜 12/17 (土)
91 11/14 (月) 〜 11/18 (金)  
90 10/16 (日) 〜 10/20 (木)  
89 09/20 (火) 〜 09/24 (土)  
88 08/09 (火) 〜 08/13 (土)  
87 07/12 (火) 〜 07/16 (土)  
86 * 06/14 (火) 〜 06/18 (土) ← 変更:旧 06/07(火)〜06/11(土)
85 05/01 (日) 〜 05/05 (木)  
84 04/14 (木) 〜 04/18 (月)  
83 03/15 (火) 〜 03/19 (土)  
82 02/13 (日) 〜 02/17 (木)  
81 01/17 (月) 〜 01/21 (金)  
2010 80 12/13 (月) 〜 12/17 (金)  
79 11/14 (日) 〜 11/18 (木)  
78 10/14 (木) 〜 10/18 (月)  
77 09/12 (日) 〜 09/16 (木)  
76 07/14 (水) 〜 07/18 (日)  
75 06/13 (日) 〜 06/17 (木)  
74 05/01 (土) 〜 05/05 (水)  
73 03/15 (月) 〜 03/19 (金)  
72 02/22 (月) 〜 02/26 (金)  
71 01/17 (日) 〜 01/21 (木)  
2009 70 * 11/15 (日) 〜 11/19 (木) ← 変更:旧 11/11(水)〜11/15(日)
69 * 10/22 (木) 〜 10/26 (月) ← 変更:旧 10/14(水)〜10/18(日)
68 09/16 (水) 〜 09/20 (日)  
67 07/14 (火) 〜 07/18 (土)  
66 06/11 (木) 〜 06/15 (月)  
65 * 05/13 (水) 〜 05/17 (日) ← 変更:旧 05/01(金)〜05/05(火)
64 03/18 (水) 〜 03/22 (日)  
63 02/13 (金) 〜 02/17 (火)  
62 01/14 (水) 〜 01/18 (日)  
2008 61 11/13 (木) 〜 11/17 (月)  
60 10/16 (木) 〜 10/20 (月) 追加されました
59 09/22 (月) 〜 09/26 (金)  
58 07/09 (水) 〜 07/13 (日)  
57 04/14 (月) 〜 04/18 (金)  
56 02/17 (日) 〜 02/21 (木) 7日修との関係で3月はありません
55 01/14 (月) 〜 01/18 (金)

▼ スケジュール

日数 内容 早朝 午前 1 午前 2 午後 1 午後 2
1 集合日 20時までに、研修院に集合 開講式
2 成約摂理観 訓読会
野外祈祷会
四大心情圏・三大王権
皇族圏
堕落論(補足) 良心に
ついて
3 祝福講座 復帰の公式 歴史的展開 祈祷に
ついて
特別講座
4 歴史的展開 現代摂理 現代摂理 閉講式
5 帰国日 出発・観光(オプション)

▼ 準備するもの

項目 内容
修練費用 30,000円
資料代 15,000ウォン
交通費 15,000〜40,000ウォン程度(空港と研修院片道)
同乗する人数によって差があります。
前泊・延泊 宿泊と食事で2000円/日
書籍 講義用 聖書
聖歌
持ち物 顔写真(4×5cm)1枚、常備薬、目覚まし時計、スリッパ
任意:室内履き、専用コップ、個人用シャンプー、石鹸
洗剤
その他 観光(オプション)に参加する人は30,000ウォン
*帰国便が16時以降であれば、観光しながら帰国することが可能です。
ウォンへの両替は研修院で出来ます。

▼ 注意事項

各自、「報告書」 を持参、もしくは、前もって済州島までFAXして下さい。
報告書」とは、修練生本人のことについての報告事項を指定の形式に従って、
責任者に書いてもらうものです。

topagetop