TopPhoto

研修院案内

『済州国際研修院』 は、済州島の南端の南元(ナモン)という小さな町にあります。

島の北側にある済州国際空港から、島を縦断する道を車で1時間ほど南へ走ったところにある

海沿いの田舎町です。

済州国際研修院

前には広い海、後ろには大きな漢拏山があり、春には黄色い菜の花が綺麗に咲く素晴らしい所です。

夏は蒸し暑く、冬は風が強く寒くはなりますが、雪が降ることはめったに無く、本土ほど厳しい寒さ

ではありません。おおよそ日本の瀬戸内の気候に似ているのではないでしょうか。

研修院前の岩場

研修院の前の海は、砂浜ではなく黒い溶岩の固まったごつごつとした岩が海岸線を埋め尽くしています。島は中心にある漢拏山の溶岩でできた島であるため、海岸線のほとんどがこのような黒い岩です。そのため釣りのスポットが至る所にあります。

お父様もよく近くの岩場で釣りをされます。

また、済州島はお母様ゆかりの地であることもよく知られていますが、研修院の近くにはお母様が一時期
通われた小学校(初等学校)もあります。

 

この研修院は、A棟とB棟の2棟ありますが、A棟の一階は一和のジュース工場となっていて、済州島

の名産でもあるみかんの濃縮液を製造しています。

A棟3階は公館となっていて、ご父母様がご滞在のときはここをご利用になられます。また小講堂も

あり、朝の訓読会はいつもここで行われます。

A棟、B棟共に二階は宿泊施設となっていて、各部屋オンドルやエアコンなどが完備されており、

また大きな窓からは目の前の広い海が見える、とても過ごしやすい部屋になっています。

B棟の一階は食堂、二階の一番手前に日本事務所があり、そして三階には多くの人が修練を受けること
ができる大講堂があります。

日本指導者修練会の前身である日本人女性宣教師の派遣修練会の第1回では、日本から1,600名の女性
が集まって、この大講堂で数日に渡りお父様からの薫陶を受けました。

 

ご父母様

 

この研修院は、ご父母様の祈りの込められた、素晴らしい修練所です。


信仰の原点を探しに是非いらして下さい。

 

topagetop